読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drill Memo

バスケットボールの練習メニュー・ドリルを動画を引用してまとめ・解説をしています。

【シュートフォーム考察】フォーム修正の参考動画

シュートフォーム修正のビフォー・アフターを現した動画を紹介。

<修正前後の変化>
修正前後の大まかな変化はシュートポケットの位置や一連のシュートモーションの滑らかさ、下半身と上半身の連動などが挙げられる。

ポケットの位置を変えることでフォーム全体がよりコンパクトになり、時間短縮につながっている。

ディップしてからリフトアップするまでの流れも大幅に変わっている。修正後はディップした後に動作を停止せず、そのままリフトアップに移行している。こうすることでディップでタメた力を逃さず、リリースまでつなげることが可能。

リフトアップからリリースまではディップの勢いを無くさずにセットポジションまでボールを押し上げている。ディップする際に一旦重心を下げるが、リフトアップに合わせて重心を上げていることが分かる。そして、リリースに合わせて地面を踏み込み、膝を伸ばすことでパワーロスを無くしている。

ディップ、リフト、セット、リリースの内、どこかで動作を止めてしまうと、そこでパワーロスが生まれる。また動作を止めてしまうことで技術的なミスが起こりにくくはなるものの、動作の時間は伸び、リズムも損なわれる可能性が高い。

 

www.instagram.com