Drill Memo

バスケットボールの練習メニュー・ドリルを動画を引用してまとめ・解説をしています。

変則1on1ドリル / ストレッチポール

ストレッチポールを使用した1on1ドリル

【メリット・ドリルを行う上で得られる効果】

  • 自分よりもレベルの高いプレイヤーとの実戦経験を積むことのできない環境に置かれている場合、より強度の上がるこのドリルが適しているのかもしれない
    ※もしくはチーム内の実力差が大きく離れている場合

  • 1つ1つの動作の精度を高めることに繋がる
    ボールポジション、シュートのアーチ、ドリブルetc

  • オフハンドワーク
    ドリブル時のプロテクション、DFを抜く時、DFと並んだ時、フィニッシュ時、オフハンドをより効果的に使用しなければいけなくなる。

  • フィニッシュの精度
    シュート全般のアーチやリリース速度、普段よりも注意を払わなければブロックに遭ってしまう。シュート前のスペースの作り方、リング周辺でのステップ&シュートの選択(リバースフィニッシュetc)、身体の当て方も重要になる。