読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drill Memo

バスケットボールの練習メニュー・ドリルを動画を引用してまとめ・解説をしています。

【フィニッシュパターン】ユーロステップのシュートハンドについて

ユーロステップ フィニッシュ フィニッシュ・フットワーク

ユーロステップからフィニッシュする際のシュートハンド・フィニッシュパターンを紹介。

動画で行われているのはインサイドハンドとアウトサイドハンド(セイムフット)の二種類。

  1. インサイドハンド
    よりリムに近づいてシュートが可能。イメージとしてはリム(ボード)に肩から侵入するような感じ。リリースする位置、手首の角度、リリース時のフィンガーロールを工夫してボードにボールを当てることがポイント。腕を内側に捻るようにすること。低身長のプレイヤーはリリース直前に体ごとターンしても良い。
  2. アウトサイドハンド
    踏み切る足とシュートハンドを同じにすることで、ディフェンスからボールを守ることが可能。シュートハンドと引き上げる足が交差するような形になり、慣れるまではジャンプがぎこちなくなるのが難点。特に筋力の足りないプレイヤーは空中でボールや足を動かし、その反動を使い、シュート動作のスムーズにしながら滞空時間を伸ばすことが必要になる。

    フックシュートのように手の出し所を変えることで、よりディフェンスから遠い位置でのフィニッシュが可能。

 

www.instagram.com

youtu.be

youtu.be

www.youtube.com