読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drill Memo

バスケットボールの練習メニュー・ドリルを動画を引用してまとめ・解説をしています。

【スキル解説】ゴラン・ドラギッチ(2016.10.11 vs BKN)

ゴラン・ドラギッチ NBA・スキル解説

今回は今季から大幅にロスターが変わったマイアミ・ヒートのゴラン・ドラギッチのプレシーズン・ハイライトを引用して、スキルの抽出を行う。

<スキル>
(1)
セットオフェンスに移行するシーンで、ディフェンスのミスをついたプレー。ディレクションしたコースにはヘルプがおらず、ドラギッチは持ち味のスピードを活かしたレフトハンドドライブを決めた。


(2)
ホワイトサイドへのアシスト。ショーディフェンスしたビッグマンに対して、ホワイトサイドが素晴らしいタイミングでリリース。ドラギッチはパスのタイミングをずらし、カットするホワイトサイドへ素晴らしいアシスト。レシーブしたホワイトサイドもヘルプディフェンスを読んで、パワードリブルからフィニッシュ。状況判断や体の向きを見ると、かなり成長を感じられる。


(3)
トランジションでのワンマンブレイク。ドライブのコースを先読みし、テイクチャージを狙ったディフェンスに対して、ボールをピックアップする瞬間に一歩目をドライブコースよりも一つ外側に踏み出した。ジノビリなどが得意としているオープンステップ方向のユーロステップである。ドラギッチはステップの長短をコントロールするのが非常に上手い。

 

(4)
ドリブルハンドオフを読まれた後のプレー。プッシュクロスオーバーで縦へ仕掛け、引いたディフェンスがドライブのコースに入ったので、オフショルダーでボールを守りつつ前進。リムに近い所まで来たので、ボールプロテクトを行いやすいロールターンで得意な左手に持ち替えてフィニッシュ。

 

(5)
スクリーンスプリットを行ったシーン。スキップでピック&ロールを使う素振りを見せ、ディフェンスが動いた瞬間にカウンターのクロスオーバー。スクリナーのディフェンスがドライブのコースを切ったことで、ディフェンス二人の間が大きく開き、そこをスピンムーブで割る。ブロッカーが飛んでくるのを予測し、ワンステップ、更にブロッカーから遠い外側の手でレイアップ。スピンの際に足をリム方向へ大きく引き、自分のスペースを確保することで、よりディフェンスを抜きやすくなる。

 

www.youtube.com

 

utheat.hatenablog.com

utheat.hatenablog.com