読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drill Memo

バスケットボールの練習メニュー・ドリルを動画を引用してまとめ・解説をしています。

【シュートフォーム考察】ジャンプとリリースのタイミング・シュートリリースの速度

シュートフォーム考察 シューティング ジャンピングシュート

<名前>
ジャンピングシュートのタイミング、リリース時のスピードの重要性

<説明>
動画では左右両手それぞれでジャンピングシュートを行っている。キャッチからリリースまでが極端に速い訳ではないが、ジャンプとリリースのタイミング、それとリリーススピードは素晴らしい。

ジャンピングシュートはジャンプしてからシュートを打つジャンプシュートとは違い、ジャンプしながら、またはジャンプとほぼ同時にシュートを打つ。これによってリリースまでかかる時間の短縮、シュートレンジの拡大などの効果が見込める。日本では比較的サイズのない選手もジャンプシュートを打っている(そのタイミングしか教えられてこなかった可能性もある)が、シュートモーションに時間がかかり、筋力のない選手はシュートレンジを伸ばそうとフォームを崩す可能性も大いにあるため、このジャンピングシュートをおすすめしたい。

リリーススピードについてだが、ボールを押し出す瞬間に最大限力をかける(初速を速くする)ことでシュートレンジをより広げることが可能だと考えられる。ただし、通常よりも力の加減、縦の距離感のコントロールが難しいため、より多くの練習、試行錯誤が必要になる。

 

www.instagram.com