読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drill Memo

バスケットボールの練習メニュー・ドリルを動画を引用してまとめ・解説をしています。

【フィニッシュ】ステップスルー(ステップイン)・ピボット3パターン

◯フィニッシュムーブとしてポピュラーなステップスルー(日本ではステップインとも呼ばれている)

・リム周辺でディフェンスと並走している場面や、少し先行している場面で使えるスキル。簡単にフィニッシュに持ち込めない相手(フィジカルやサイズが自分よりも勝り、ブロックされる可能性が高い相手)にはこういったフェイクを使い、迷わせること、自分の選択肢を増やすことが重要。

・全てジャンプストップ(2フット)、安定したスタンスで止まること

・動画内では3パターンが紹介されている
1/フロントターン=クロスステップ:スタンダートなピボット、リムまで最短距離&時間で到達

2/リバースターン=バックターン:回転の角度広め、ディフェンスとのスペースが近い時に有効、ジャンパーに繋げるにはターンの正確性が重要、コービーのシグニチャームーブでもある

3/スピンターン:ストップ時にリムに正対できない場合に有効、ロンドフェイク(ボールフェイク)と同じ要領、どちらかと言えばリム周辺でレイアップのフェイクとしてストライドストップから使いたいピボット

・ボールポジション
ストップ時はシュートの意識をディフェンスに見せるためボールを高めに上げ、ターン時にはボールを下まで下げず、ディフェンスから遠い位置でキープすること

・フィニッシュのバリエーション
ディフェンスの状況に応じてアウトサイドorインサイドハンドでのレイアップ、アンダーハンドだけでなくオーバーハンドやリバースレイアップも練習すること。

まずは2フット(スタンディングジャンプ)でのフィニッシュ、体勢が悪い時や余裕がある時には1フット(ランニングステップ)も行える。1フットでは基本的にアウトサイドハンドでのフィニッシュになるが、ブロッカーへのアプローチも同時に行いたい所。

リムとの距離によっては前傾姿勢でのジャンパー、フローターも考えられる。

 

www.instagram.com