読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Drill Memo

バスケットボールの練習メニュー・ドリルを動画を引用してまとめ・解説をしています。

【シューティングドリル】ランジ+ピボットシューティングドリル

◯ランジ後にピボット(リバースorフロントターン)を行うシューティングドリル

・シュート前にランジとピボットを入れることにより負荷を掛け、フットワークとバランス感を補う

・エルボー(フリースローラインの端)から開始
→リバースターンの場合→フリースローライン側の足
→フロントターンの場合→ハーフライン側の足

・ランジ、ターン共に常にバランスとポジションを重視すること
→前後左右のブレを極力少なくする。ブレる場合は幅や動作の速度を変える。
→足の置く位置を確認する。特にターン後、すぐにジャンプシュートを打てる適正位置に足を置くこと。ターンの正確性が求められる。

・リバースとフロントターンでそれぞれ重心の置き所に注意

・フロントターンでは角度が広く、尚且つ重心が前にいってしまうため難度が上がる

 

 

www.youtube.com